So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)
前の15件 | -

七月のイベント@千年一日珈琲焙煎所

7/9(日)『息の跡』上映会

7/23(日)「Gabby&Lopez LIVE」

7/24(月)「出張円盤 レコード寄席(学校篇)」

くわしくは、千年一日珈琲焙煎所、または、PEOPLE へ。


9日の『息の跡』は、陸前高田の佐藤貞一さんを映した映画。津波で自宅兼店舗を流され、その跡地に自力でプレハブを建て、営業を再開した。それだけにとどまらず、佐藤さんは、英語で津波の体験をつづった本をつくり、海外のひとたちに発信するようになる。なぜ、日本ではなく海外なのか?そして中国語でも書くようになる。その情熱はどこからくるのか?個人のちからでどこまで飛べるのか、挑戦的な作品です。個性的であることはかくせないし、個人的なことはおもしろいとわたしは思います。

23日のライブは、石井さんと会える。いつもやさしい感じであいさつしてくれるのがうれしいです。

24日のレコード寄席は、わたしもだいすき。取手のはこかふぇで開かれたときに行ったことあって、そこは異空間で、刺激的だった。うまく言えないけど、なんか生きていてよかったなあって毎回思う。

いばらき北部は未知

iwa.jpeg

light.jpg

circle.jpg

ファイル_000.jpeg

あらあらと6月はすぎ

6月も終わりそう。

日常は、うれしかったり、かなしかったり、胸がつまったり、なんだよと思ったり、カラフルな感情の波に揺られ、あらあらといつのまにか過ぎていって、くぎりというものがないので、そんな混沌としたものを、対象化して言葉にして残そうとするのは、飛躍が必要で、不自然なことみたい。誰も困らないもの。でもときどき手紙を書くように、書いてみる。

futa.jpeg
ふうたにおしっこされまくり

・テロ等なんたらの共謀罪がとおってしまった日、じぶんのなかで反動がおきました。自粛している場合ではないと背筋がのびて、素直に電話しようと思いました。

・父の誕生日に会いにいきました。父は治療した歯が痛くて食べ物がしみるらしく、ちょっとかわいそうだったんだけど、わたしはオムライスを作りました。父はアップルパイを用意してくれたり、ほたるを見に連れてってくれて、楽しかった。どっちの誕生日かわからない、あたたかい思い出です。

・つくばは梅雨らしい天気、洗濯物がたまっています。おおつぼさんは都内に出かけて、わたしはいつもどおり本を読んだりしてのんびりしていたんだけれど、夕方思いきって草とりをしました。蚊が多くて、それがなければ草とりもいいんだけど、ひよってしまう。だけど最近、友だちが蚊やヒルに血を吸われながらも森で働いていると言っていたから、わたしも少しはやろうと思ったのでした。

マメイケダ@つくば

IMG_2001.JPG
なんかいいの、マメさんの絵と字

いま、こんな絵が展示されています。
マメイケダさんの作品です。
味があるとはよく言ったものです。
出そうと思って出せるものではない。
親しい感じがするのに、まねできないと思わせる力。

マメイケダ作品集『味がある。』原画巡回展「ここらへんの味 in つくば」
会場:PEOPLE BOOKSTORE&千年一日珈琲焙煎所
会期:6月8日(木)〜22日(木)※会期中は両店舗とも月曜休み

IMG_2002.JPG
ごはんとか、みかんとか、単純であかるいおいしいが好き。


イベント:「ここらへんの味 in つくば」開催記念トークイベント
日時:6月17日(土)15時開演
会場:千年一日珈琲焙煎所
出演:堀部篤史(誠光社店主)、仲村健太郎(『味がある。』デザイナー)、マメイケダ
料金:1500円(ドリンク付き)
お問い合わせ:mojomojo.people@gmail.com(PEOPLE BOOKSTORE 植田)

アメリカ西海岸の思い出

ファイル_002.jpeg
カルフォルニアの陽射しは痛いほど強かった。公共機関をつかって移動。移動。瞑想センターがあるのはヨセミテ国立公園の近く。日本からアメリカ行くのは夜行バスみたいで楽勝だったけど、国内移動でアメリカの広さを体感。遠かった。

ファイル_000 (4).jpeg
瞑想センターの敷地は自然豊かで、奇跡みたいな美しいところでした。10日間くらいボランティアしました。ごはんつくって、そうじして、瞑想して、話して。「アメリカ人」っていろんな人種が寄せ集まった総称なんだなあと実感。英語だけじゃなく、中国語、カンボジア語、フランス語も飛び交ってた。「アメリカ人」っていうのと「日本人」というのとは全然ニュアンスが違う。

image1.jpeg

日本人はわたし一人だったけど、みんなよくしてくれました。西洋人と目があうと、ぱちっとウインクされるので、男女問わず好きになってしまいます。東洋人といるときは言葉がなくてもなんか落ち着きました。

アメリカ東海岸の思い出

ファイル_000 (6).jpeg
めいっこたちとニューヨークのカフェで

ファイル_001 (1).jpeg

わたしが気にいった珈琲屋:Devocion

ファイル_000 (7).jpeg
この本屋に入ったときほっとしてからだが緩んだ。じぶんの居場所になるような珈琲空間と本屋に出会える街はいい街なんだなあと思った。

unnamed.jpg
妹の家の近く、プリンストン大学は建物自体が芸術でした。

妹の生活圏でいっしょに過ごしてきました。インド系のひとが多いジムでズンバしたり(エアロビみたいなもん、妹のお気に入りエクササイズ)、教会の英会話教室に行ったり、アーミッシュのスーパーでおいしいお昼ごはんを食べたり、アスパラガスを農園に摘みに行ったり、妹とめいっこの日常に混ぜてもらいました。妹のだんなさんは出張が多くて一生懸命働いていました。サンフランシスコ便をファーストクラス(初体験!)にしてくれたり、ホテルとってくれたり、ありがたかったです。
スクリーンショット(2017-06-06 15.00.57).png

今回の旅は、ニュージャージーの妹の家族のところにホームステイが主な目的。カルフォルニアの瞑想センターでも過ごしてきました。アメリカは大きくて途方もない感じがしたけど、じぶんの目的地がはっきりしていればなんとかなることがわかりました。みんなサポートしてそこまで運んでくれた。心細くても。

5月の予定

ファイル_000.jpeg

5月は、8日にライブがあり、新宿で観たことあるんだけれど、焙煎所はそんなに広くないのにどうするんだろうと想像できずにいます。実験なんですね。

"Improvisation!"「音と布をつかった、小さな実験。」
日時:5月8日(月) 18:00 開場/19:00 開演
会場:千年一日珈琲焙煎所(茨城県つくば市天久保3-21-3星谷ビル1-F/G)
出演:曽我大穂 × スズキタカユキ https://www.facebook.com/circodesastre/
企画:千年一日珈琲焙煎所 × PEOPLE BOOKSTORE

9日からアメリカに出かけます。妹たちが住んでいるニュージャージーの家に。とくに観光とかはしないんじゃないかな、妹やめいっこと遊ぶのが目的です。そのあとカルフォルニアの瞑想センターに立ち寄ってごはんづくりとか手伝って、全部で3週間くらい過ごしてきます。

四月のひと箱に

鮮やかで美しい瞬間ほど、透明で、いつのまにかするりと姿を消してるから、今はどこにいったんだろうと思う。ひとと近づいてその体温を感じる幸福も、はなれる瞬間のせつなさも、四月のひと箱につめられていました。

ファイル_000.jpeg

小春丸さんのイベントはおもしろかった。植物が人間を隅においやっていくから、ひとは身を寄せ合うようにそれを見つめていた。小春丸さんの助手をつとめた大学生は「ばけものをつくっているようだった」と言いました。生け花というより「化け花(ばけばな)」だと。

二日目のワークショップはその化け花から、参加者が好きな器にそれを生けなおして、転生させるというもの。中学生から年輩の方まで参加して、真剣にたのしんでいて、なんかあたたかい雰囲気だったな。わたしも生けてみて、人生を学びました。じぶんの手だけで完成させなくてもいいな、こまったときはひとに頼ったほうがいい作品になるし、じぶんでつくった気がしないくらいが満足だな、と。

ファイル_000 (1).jpeg
特注のブレンド、結婚式ひきでもの。

小林佑生くんの『Bitter Sweet Bland』のロゴがかわいかった。千年一日珈琲焙煎所にいまブレンドはおいてないけど、このロゴみて「ブレンドつくっていこうかな」とおおつぼさんは言っています。

これを伝えるための共通語がほしい

ファイル_000.jpeg

水曜日、おおつぼさんは小春丸さんについて植物を集めに町から町へと。つくば市で取り壊しをしていた現場を見つけそこからも。

小春丸さんのしごとは、花を生ける、という規模ではなくなってしまう。「生け花」や「華道家」の枠組みは窮屈だろうけども、人にこんなイベントあるよ、と伝えるときは、言葉をつかわないといけないからひとまず、それらを用いる。伝えるのがすごくむずかしい。小春丸さんのパフォーマンスを表現する、新しい共通語がうまれないだろうか。

華道家 小春丸 植物的即興「うまれる」

4月22日(土) 植物的即興 Live(要予約)
      時間 18:00 open / 19:00 start
      料金 一般 2500円 / 学生 1000円(各ドリンク代別途)

4月23日(日) 展示
         10:30−18:00(入場無料)

      ワークショップ
         14:00-16:00 料金 1000円
       *持ち物 お気に入りの花器 花鋏
       *自分で生けた作品はお持ち帰りいただけます。

会場 Atelier ju-tou茨城県取手市井野 1-7-10 1F / 0297-72-1238)

予約 1001coffee@gmail.com (千年一日珈琲焙煎所)

企画 千年一日珈琲焙煎所 / 協力 cafe ju-tou

IMG_20170419_111449.jpg

小春丸 (華道家)プロフィール 流派にとらわれない自由な発想の作風が特徴。日常から花に触れエネルギーを感じること、それをいける喜びを伝えている。茨城県内や益子町などにて、木工作家や陶芸家とのコラボ展示や、個展、生け花ライブなど幅広く活動。2013年4月に益子町陶芸メッセ内・旧濱田邸にて個展「花」を開催。2014年7月つくば市千年一日珈琲焙煎所にてBotnaical Improvisation「植物の濡れ場」を開催。2015年9月益子土祭参加。2016年3月渋谷ヒカリエにてファションデザイナーとコラボ。9月水戸芸術館広場でライブなど。

星谷ビルのニューフェイス『43ponte』

shimizu.jpeg
43ponteの清水くん

茨城県つくば市天久保3丁目の星谷ビルの1Fに「千年一日珈琲焙煎所」があります。そのならびに新しいお店がオープンします。

43ponte」しみぽんて、と呼ぶそうです。
朝から準備に前進していた清水くんを見かけ、はじめましてのあいさつと握手を交わしました。『4/16(日)念願であった自身の店舗、wine stand 43ponteがいよいよオープン』とのことで今日は特別13時からお祭りみたいなことがあるようです。

星谷ビルには「PEOPLE BOOKSTORE」「manufact jam」「わかたろう」が入っていて、駐車場は横(数台)と裏手にあります。

アクセス・場所はこちら

可能性に開いていることは

3月はあほみたいにたくさんの時間を瞑想して、誕生日の母に会いに行って、つくばに帰ってきました。散歩すると花がほころんでいて、近所のおじさんと世間話したり、猫やこどもにあいさつしたり、友だちと電話をしているうちに、あたたかいことに気づいて、トイレのカレンダーを毎日見ていたら4月ということになじんできました。わたしが生まれたのも4月でした。

ファイル_001.jpeg
店の仲間たちとしいたけ狩りとバーベキュー


可能性が扉をひらきはじめていたら、素直にドアノブを回して、入ってみたらいいんだなと思いました。

友だちとおしゃべりするときも素直にいたら、またそこには扉があって。可能性が待っているみたいです。

たのしんで、やさしさは素直にうけとって、率直でいることをこころがけて、ちょっとでも気になれば飛びこんでいったらいいんだなと思いました。

つぼみだった花がほころんで開ききったら土にかえっている、また別のつぼみがほころんで咲いて散って、そしてまた別のつぼみが、という成り行きに似てる。可能性に開いていることは。

ふたたびうまれる、へ

unnamed.jpg
小春丸さんと会場 ju-tou


生け花ライブの打ち合わせ&撮影に、取手のju-touに行ってきました。しんぺいくん(ちらしのデザインをお願いしている、石屋を展示した)とおおつぼさんとボルボで到着すると、小春丸さんが粋な着物姿で待っていてくれました。

『植物の濡れ場』という生け花ライブを3年前に千年一日でやってもらったんですが、こんど4月にju-touで『うまれる』をやります。ここは以前は産院でした。自然分娩でいのちをとりあげていたそうです。お医者さんのご家族によって、2015年にアトリエ ju-touというスペースに生まれ変わりました。

小春丸さんは、20年間でじぶんの信じた生け花を続けてこられている方です。でもやめようと思ったこともあってね、と今日はじめて聞きました。3.11のときに、人は花や植物にたすけられている、ゆたかさを支えてくれている、と実感したそうです。小春丸さんの活ける姿には、花という自然への敬意があらわれています。

4月22日、23日 Atelier ju-tou(茨城県取手市井野1-7-10-1F)にて!

わたしはあすから瞑想合宿へ行って、3月末に帰ってきます。

レッツ ダイブ! 8周年!

2009年2月21日にオープンして、今日で8周年を迎えた千年一日珈琲焙煎所。ぱちぱちぱち。

おおつぼさんの誕生日でもあります。おめでとー☆

そんな記念日の朝、となりのPEOPLEの植田くんから電話があり、店の前が壊れています、とのこと。陶芸教室に行く予定だったおおつぼさんは急遽お店の様子を見に行くことになって、わたしもどんなかなと思って見に行きました。

unnamed-2.jpg
シャッターが壊れていた

unnamed-1.jpg


壊されたのかもしれない、と聞いてきたけれど、見た感じ、事件の形跡はなく、これは風のせいだねと。不動産屋にきてもらったけど、対応を待つあいだも風が強くて、シャッターがばんばん戸をうちつけてこわかった。ガラスも割れてた。2階に住んでいるひとは、昨夜このシャッターの音、うるさかったかな。

ここに移転してオープンした当初、車がつっこんできて壁に穴が空いたことがありました。風とおりがいいとお客さんに言われるみたいなんだけど、実際にここは風穴あくよね、とおおつぼさんと話します。

unnamed.jpg
光さしこむ店内


23日木曜から8年目の千年一日珈琲焙煎所がはじまります。
抜けのよい空間にぽんと飛びこんでみてください。
レッツ ダイブ !

なんか最近おもしろいよ、ほんといろいろ

千年一日珈琲焙煎所の喫茶

unnamed-2.jpg
2017年2月12日時点


unnamed-1.jpg
千年一日珈琲焙煎所

バナナケーキのこと

unnamed.jpg

バナナケーキというものは、よい食べものだなあ。
どこで食べても、飲み物がなんであっても合うし、うらぎらない。

きょうは千年一日珈琲焙煎所のバナナケーキをはじめて食べました。
大坪さんが焼いたケーキ、なつかしくて味わい深かった。かつてわたしが作っていたレシピを大坪さんにあげたんだけれど、わたしのレシピもまた、ばあちゃんのバナナケーキのレシピを引き継いでいます。マーガリンをバターに代えて、レモン汁を加えたくらい。

昔よく作ってもらって、飽きるくらい食べた。
こんなふうにまた作ってもらって、このバナナケーキを食べることができてよかった。
前の15件 | -