So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

20130927_177199.jpg

 おおつぼさん(店主)のけん玉ブームの火付け役は、笹倉慎介さんだったと記憶しています。笹倉さんはギターとけん玉を持ちかえ、慣れた手つきでおさめました。次に会うまでに上手くなっておく、とおおつぼさんは出かけるときにけん玉を携帯するようになりました。わたしは、いっときの熱だろうなと横目で見ていました。全然上手くなかったし、上手くなるまで時間がかかりそうだと思いました。

 kichen Soyaのアニキや handpoint. のいしいさんらが決める技ができない悔しさがあったかどうか知りませんが、同志の存在がけん玉熱を加速させたようでした。「けん玉を買いに行く」とおおつぼさんに秋葉原に誘われ、膨大なフィギュアやアイドルに目をくらませながら、けん玉を買いにつきあいました。わたしは、そのとき初めて競技用けん玉という商品に触れ、それを作っている職人がいることを知りました。

 いくつか試した結果、やっぱりこれがいい、とおおつぼさんが選んだのは「大空」。
山形工房のもので、玉が気持ちよく入ると言います。千年一日でも取り扱いを始め、反応は上々です。あまり見たことなかったけど、白いけん玉、美しい。

 数ヶ月たって、おおつぼさん(40代)は確かに上達しました。若い身体ならもっと上達が早いのかもしれない。言いわけのようなことを言いながら、悔しがるおおつぼさんはおもしろいと思います。最近けん玉をはじめてぬけぬけと上達した方がいらしたら、見せに行ってみてくださいね。

IMG_4217.JPG
けん玉大会も開催


 追記:店主、おおつぼさんは2014年4月27日、けん玉検定2級を取りました。