So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

石は去り、パンと竹ざるやってくる

こんにちは。
カトウシンペイさんの展示はおわり、石はどこかへと流れていきます。
今週は、パンと竹がやってきます。

パンの日
12月16日(金)リュスティックさんのパンと焼き菓子
11時〜15時ころまで(売れきれしだい終了)

彩子さんのパンが食べたい、とおもうことがあります。
おなかがすっとして、食べたあともおいしいです。
カンパーニュ、フランスパン、そしてケーキやがんづきが並びます。
先月はホットサンドを焼いてもらいました。
店内で珈琲やジュースを頼んでランチにしてもいいし、テイクアウトもできます。
このあとはしばらく、リュスティックさんはお休みに入りそうです。

竹を編む日
12月18日(日)ワークショップ「米とぎざるを編む」
12:30-17:30(12:15 受付)
参加費:3,500円(おやつに千年一日珈琲焙煎書の飲み物と、ちょっとした甘み)
講師:河合沙耶香・橋本千菜美
予約:千年一日珈琲焙煎所、電話 029-875-5092、メール 1001coffee@gmail.com

竹ざるは一回編んでみることをおすすめします。苦手かも、と思っていたけど、やってみたらできるものなんだとわかりました。竹はあちこちに生えているから、いざというときはこれで道具をつくれるんだっていう見方がひらけます。米はといでないけれど、柚子やとうがらしや果物をいれておくかごみたいに使っています。台所になじみますね。とてもいいです。