So-net無料ブログ作成

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

年末のごあいさつ

開店日の夢をみました。お客さんの行列にあたふた対応していました。おめでたい。

今年はこれで終わり。ぼーん ぼーん
タグ:

バリアフリーチェック

バリアフリーになりました。木製のスロープが店の前につきました。大工さんの動きが打ち合わせの話より早く、車中でスロープの幅どうしようかなぁ、100㎝でいいかなぁなんて言ってたオーナーは「あれ?!もうついちゃってる。はやっ!」と車から飛び出てました。年始つくる予定だった棚ももうついていました。200812272046000.jpg「木があればどんどんつくりたいタイプなのか、そうか、、」とつぶやいて帰るオーナー。店が形になってきていて、その様子を話す声はうれしそうです。写真はカウンターと豆棚。

250万円

r-1055.jpgメリークリスマス、です。コーヒー豆用の焙煎機が12月31日に設置されます。これ、けっこうお値段がはるのね…フジローヤルの小型ロースター5kgタイプ、お値段は締めて250万円。サンタさんはくれません。


どこで働くの?

200812181301000.jpg前回の記事「つぶれちゃいました。」を読んだオオツボさんは「心がつぶれるわ。」と冗談半分で口にした。

最近、お店行っているんですか?とヒロトさんに聞いてみる。
 「お休み中です。」
働くお店の名前はなんていうんでしたっけ?とおもしろ半分に聞いてみる。「『アストロラウンジ』です。」
やはり、千年一日珈琲焙煎所のせの字も出ないです、オオツボさん。

以前のテナントのオーナーさん、カフェ(アストロラウンジ)は閉店されてしまったけれど、残された地で働きはじめるヒロトさんの心には生き続けています。



タグ:名前 課題

つぶれちゃいました。

「最近、お店に行っているんですか?」と介助者に聞かれたヒロトさんは「お店はつぶれちゃいました。」と答えているそうだ。私は介助者の方から「店、つぶれてはいないんだよね?」と真偽を確認された。
つぶれてません。開店してません。

なぜ、ヒロトさんは「つぶれた」と言うのか?
オオツボさんと考えた。今のところ思いつく理由は二つ。
一つは、ヒロトさんとオオツボさんとの最近のやりとりの中で「つぶれた」という表現が使われていたこと。もう一つは、内装工事中のテナントは壁などが壊され木くずが舞い、工事前と比べてビジュアル的には「破壊」が進んでいること。

なんでオオツボさんとのやりとりで「つぶれた」という話がでているかというと、ヒロトさんが『千年一日珈琲焙煎所』(読み方→せんねんいちじつこーひーばいせんじょ)という店の名前を覚えられないから、だそうだ。確かに、聞いただけで正確に口にするのは難しい店名だなと私も思うし、領収書を書いてもらうときも「焙煎」の漢字を伝えるのに苦労するとオオツボさんも言っている。でも、違う、それだけじゃない。ヒロトさんはお店を勘違いしている。『アストロラウンジ』で働くと言っている。一緒に働く店の名前をなかなか覚えてもらえず、あいかわらず会話のなかで出てくるのが前の人がやってた店名なので、オオツボさんは「その店はつぶれたよ」と言ったそうだ。

数ヶ月前までカフェを経営していた方が店を辞め、その後に借りたテナントだったため、借りた当初は前の店の名残があちこちに、もちろん店名も残されたままだった。ヒロトさんのなかでその店名がロックインされ、新しく始める店名が決まった後も更新されぬまま、今も自分が働く店は『アストロラウンジ』だと言っている。

ヒロトさんの「つぶれちゃいました」の真意は分からないけど、本当に「自分が働く店がつぶれてしまった」という気分が混ざっているのかもしれない、とも思う。

いらっしゃいませ。

200812141758000.jpg200812141759000.jpg
内装工事は床板まで進んでいました。床はお寺の修繕の工事に使われた足場の板を再利用しています。出来上がった床を見せてもらったけれど、ピカピカしてるわけでもないので新しさはなく、もともと足場だった板だけあって、工事現場になじみすぎて特に感慨を覚えることはありませんでした。これが他の内装とのコラボでどんな雰囲気をつくっていくのか見物です。


タグ:内装

おわび

テナントのマンションにお住まいの方、今日はごめんなさい。21時すぎまで大工さんが工事続けちゃってたみたいで、夜までうるさくしてご迷惑おかけしました。オーナーから聞いたのですが、お電話で知らせてくれた住人の方がいたので気づくことができ、大工さんに連絡してやめてもらったそうです。もともと工事は夕方までという話だったはずと首をかしげてましたが…
「今後は非常識なことがないよう気をつける」とオーナーのオオツボは言っています。でも、気をつけてても気づかぬうちに何かご近所の方に迷惑かけるようなことがないともかぎらない。そのときには今日みたくお知らせくださる方が一人でもいると助かるんだろうな。ぜひお知らせください。(私あてに[メール]でくれた内容も伝えておきます)

近くで応援してる私からも重ねておわびとお願いいたしますm(__)m。




働くための。

コーヒー豆をいい豆と悪い豆を仕分ける作業をピッキングという。

今週、ヒロトさんとセラくんにピッキングの練習をしてもらったそうだ。オーナーのオオツボさんは「やってもらってよかった」と言っている。というのも、教えたとおりにやってもらうのが、二人にとって思った以上に難しいことだったと分かったらしい。何かしらの工夫と練習が必要だと開店前に気づけたという意味で「よかった」と。生豆を広げて、区画をつくって、悪い豆を別の容器に移していく過程で、特にヒロトさんは苦戦をしそうなのだ。私は直接みてないが、均一に広げることができない、線引きをするための指使いが継続できない、悪い豆を選り分けるときの判断が難しい、そんな課題があるらしい。

お店で働くヒロトさんとセラくんは、知的に障害をもっている。今後何かしらの工夫と練習を重ねていくことになるだろう。今度、実際のピッキング場面を見に行こう。どんな感じなのかちょっと楽しみだ。
タグ:働く 障害者

200812090905000.jpg現在、内装工事中です。床とカウンターになるところが木材で組まれていました。内装の骨格ができあがってきています。進行状況から、オープンは1月下旬になっちゃうみたいです。オープン時期が後ろに延びててちょっと心配なんだけど、、、

何に使う?

PC060070.JPG

オオツボさんが東京に買いつけに行きましたとさ。
『古くて美しいものの在る場所』という企画のふるもの市。買って帰ってきたものは木箱と重り。お店で何に使うの?って聞いたら「まだ、決まってない。」。
タグ:ふるもの市

お寺からリユース素材

200812052024000.jpg床材を注文したとのこと。11/17に届いたサンプルについて書いたが、そのなかの一つ「お寺で使われていた足場」に決めたそうだ。渋い。
さて実際に敷かれたらどんな雰囲気になるんだろう。チーン

便器が抜かれました

200812031836000.jpg工事進行中です。夜行ってみたら、便器が外されて裏返っていました。
駐車場問題ですが、今日オーナーと話した人にはテラスを壊して1台分駐車スペースを増やしたほうがいいと言われたそうです。テラスを生かしたほうがいいという人もいて、その意見を聞くとテラスがあるとペット同伴しやすい、子連れで行きやすい、と。
しばらく、頭を悩ませそうです。
タグ:駐車場問題

はじまりました。と課題

200812011650000.jpg200812011659000.jpg内装工事がはじまった。というので見にいってきました。大工さん二人で脚立に乗ってがんがん、キューキュウ壁を壊し、床には釘、木屑が舞う。お手洗いの壁がぶちぬかれ、店内から便器が見える景色がめずらしい。
やっぱり工事音が響く。隣の美容室や同じマンションの方には申し訳ないと思う。私も生活空間に工事の音聞こえたら不快に感じるし…ごめんなさい。

そして店の課題がもう一つ。
駐車場問題だ。店前には1.2台しか停めるスペースがない。それで向かいの二の宮公園の駐車場に停めたが時間すぎると100円かかってしまう。お客さんの立場にたてば車で来にくい。どうするのかなぁ…オーナーも悩んでるようだ。

タグ:駐車場 内装