So-net無料ブログ作成

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

9月のライブ情報

 開店から半年を振り返って「思ったより何もしてこなかったんだな。」とオオツボさん。ちなみに印象深かった半年間の出来事ベスト3は「自分の不調、ヒロトが働けなかった、地元のおじいちゃんが店をキョロキョロみて『懐かしい』と言っていたこと」だそうです。これからは好きなアーティストをどんどん呼んでいきたいと言っていました。

9月のイベントのお知らせ

9月5日(土)「コントラバシストの詩 vol.2.」河崎純さん
 千年一日珈琲焙煎所  開場19:00 19:30〜20:30
           予約前売1200円 当日1500円 (+ドリンク)
        予約、受けつけています。20席ほど。お店まで。

 コントラバスを近くで見たことはありますか。大きな楽器です。河崎さんのライブの現場では、音に生が与えられる瞬間と遭遇することができます。コントラバスと夜の詩を。



9月26日(土)中村まりさんのライブ
  千年一日珈琲焙煎所  open/19:00 start/19:30
             予約/2000円 当日/2500円 (+1drink order)
      予約は9/5よりメール限定で、20席ほど。
       お名前、連絡先、希望席数を記入し1001coffee@gmail.comまで。                 
 アコースティックギターと英詞の曲。はじめて中村まりさんのライブに行ったとき、なんだかわからないけど泣いてしまいました。やわらかいところに触れられてしまった、と思いました。

 

開店から半年が経って

千年一日珈琲焙煎所は開店から半年たちました。この半年間何をしてきたのか、ふりかえってみました。

2008年10月半ば テナント借りる
オープン予定日が何度か延びる

2009年2月21日 千年一日焙煎所オープン 障害者2名、バイト2名
豆の販売開始 テラスに焼きいも屋さん

3月 ランチ開始、ごはんプレート、パンプレート(¥800)デザート(¥380)
「豆屋じゃなくカフェになってしまう。」と危機感をつのらす。
3月末 期間限定豆;さくらブレンド

4月初 Poko働きはじめる。
 店内のカレー臭が気になりだし、ごはんプレート中止。ランチはスーププレートとサンドイッチ(¥650)に変更。 
 常陽リビングに掲載される。

4月末 オオツボ絶不調期 焙煎、メニュー、障害者雇用、体調等課題が重なる。
 ランチのプレートをやめ、珈琲を軸にすると決める。サンドイッチ3〜4種(¥380)とスープ(¥300)デザート(¥350)の単品メニューへ。焼きいも屋さんはお休みに。

5月 
店に来るまでの準備や手洗い、トイレなど基本動作にも支援の必要性があることが露呈し、ヒロトさんが働くことの難しさを認識、しばらく休みに。どうしたら働けるようになるかは今後の課題。

6月 メニューにアイスコーヒーと珈琲ゼリーが追加、スープはなくなる。

7月 営業時間を1時間延長し、11〜19時に変更(日曜18時)。看板が完成。

8月 つくばスタイルに掲載される。
       「プレオープン期間が終わってしまった」byオオツボ


イベント
4/25 高柳卓也「FADO SENTIDO, O VENTO DE LISBOA  ファドの想い、リスボンの風」
5/1-10 Ayako Ono  guttation in 千年一日
5/16「コントラバシストの詩 河崎純」
6/21「キャンドルナイト in つくば」
7/16-24 兼子美由起 器展 「シンプルな器・おいしい珈琲・テーブルに花」
タグ:ふりかえり

店の具合

8月2週目の土曜 
 ひょうたんは花つかず、無念か。ひとりごとを言いながらサンプル豆の焙煎を手伝っているせらくんと、ひとりごとを言いながら丁寧にタオルをたたむせらくん(写真)。働くのが楽しい一日。

8月2週目の日曜 
 晴れ。お客さんがほとんど途切れず来てくれる。
 上半身が痛むらしく体調不良のオオツボさん。心臓か、肝臓か、幽霊のしわざか、と原因を探している。いつまで続けられるか分からないし自分のやりたいことどんどんやっていこうと思って、と最近はイベントの企画に精を出していて、ふっきれてきているようにも見える。やりたかったことが実現できそうでよかった。店の音楽、いいね。

 もうちょっとで夏休み。お店は12〜23日までお休みです。
 

200908081148002.jpg200908011123000.jpg
200908011124000.jpg
タグ:業務日誌

運命の恋と妄想は紙一重

cover01.jpg.200px.jpg こんにちは。今月の本棚だよりは「不思議な文通」です。
 ページを開いてみると、目を惹くイラスト。顔も知らない男女が交わす文通。絵や文字のデザインがよくてマネしたくなる。何が書いてあるのか読んでいくと、予想を裏切るリアルな男女関係。で、これおもしろいんじゃん、とお客さんが来ないときに読み読み…
グリフィンとサビーヌ、この二人の関係が恋に移行する過程に、むむぅ…
この本から学んだことを以下にまとめました。


「人はどんな条件および状況のもとで恋に落ちていくのか。」

男性側の落ち方;ミステリアスな出会い→説明がつかない事態への恐れ→ひょっとしたらと「運命」を信じかける→忘れていた孤独を思い出す→相手のなかに自分のためだけの居場所を見いだす→手を伸ばせば届きそう、でもためらう、どうしたらいいかわからない状況→恋にからまっていく


女性側の落ち方;男性の孤独と弱さを知らされる→最後の命綱かのように求められる→婉曲的な官能を嗅ぎとる→恋に落ちることを自分に許す
200908011130000.jpg


この本の最後で二人は結ばれたと思いますか?


予想は裏切られると思います。

店の目立たないところに置いてある本の紹介でした。




 



タグ: