So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

4月のイベント

image.jpg“ 野草パワーで健康家族 皆んなで飲める タンポポ100 ”
 マクロビをやっているお客さんからのいただいたタンポポコーヒー。飲んだ印象は、家族みんなが「イエス」と言うかはコーヒーとどっこいかやや厳しめですが、体によさげな薬草茶という感じ。私のなかでは、ちょっと調子悪いなというときに手を伸ばすジャンルに登録されました。

4月の千年一日イベント

4月8日〜5月2日 佐藤陽香 個展

4月10日(土)『珈琲の時間』 コミュニティーは必要ですか?
        18:00-20:00 ¥700(1ドリンク付)
        楽楽大学 どこでも教室 @千年一日珈琲焙煎所
        参加申し込みは、千年一日珈琲焙煎所まで→1001coffee@gmail.com

4月24日(土)中村まり・森ライブ
         あたたかくて、懐かしい風景を探しに。
          open 13:00 / start 14:00 前売り2.000円 当日2.500円
                (小学生:500円 6歳以下のお子さま:無料)
          場所:スムルトロンステッレ / ちいさな森
          presented by 千年一日珈琲焙煎所×ハントヴェルク
          予約はハントヴェルク、千年一日の店頭にて



どうしたって避けられない

 風の強い土曜の夜、自宅の外に出しておいた植木鉢を家の中に避難させようと思ったときにはすでに手遅れでした。転がっているのは鉢だけで、土と植物は一体となって無くなっていました。

201003201523000.jpg 店にも、外に出しっぱなしした花のプランタがあったことを思い出し、飛ばされてはいないかと気になりだし、ぼんやりと不安を残したまま昨夜は寝床につきました。

 その小さな不安は夜の闇に拡大され、吹き荒れる風の大きな音で眠りが浅くなるたび((自分の大事なものが全部飛ばされてしまう))という思いがよぎり、またその不安をおさめようと(もしぜんぶが無くなっていても自分はここに残っている、大丈夫)と思い直し、ぐっと目を閉じやり過ごしました。

 夜というのは、どうしてなんでも大げさになってしまうんですかね。大人になった今でも夜になると自分がちっぽけになる気がして、早く寝よう、と思います。

 そんな一夜を明かしたあと、今日午前中はすこぶる調子がすぐれず、オオツボさんに店を早引きさせてもらおうかと弱腰だったのですが、天気がよくなってくるにつれ上向きになり、昨日筑波山でてんかん発作を起こしたヒロトさんに電話しました。ヒロトさんも大丈夫そうでした。

 気圧の変化は、人の身体と精神にかなり影響を与えうるのだと感じます。学生時代に病院実習に行ったときも低気圧がきていると関節が痛むという患者さんは多くいましたし、私自身敏感なほうです。今日はもうお客さん来ない日かなと思っていたら、13時半ごろから春のような陽気に変わり、人が来はじめ、私自身の身体も軽く感じられるようになっていました。

 強い風と低気圧はあなどれないです。
タグ: 気圧

接触成功

今日は田嵜さんのイベントが今週あるために
私は会ったことのない人に電話をかけ、ずっと連絡してなかった人に連絡した。

ある人にはじめてつながる

そのつながりの前に、いくつかの接触が私のところで、そして知り合いのところであった。
相手は「導かれるようだった」と言った。
それを聞いて、偶然の折り紙がたたまれていたんだなと思った。

つながりのつながりが、新たなつながりをもたらす場面に
自分が一枚噛んでいたと知ると
不思議と元気が湧く

何気なく過ごしていた日常に新しい意味を見いだす発見
何気なく動いてきた自分自身への信頼を感じられる瞬間

いろんな人とたくさん出会っていきたい、とまぶしい人が言うときの
「力み」みたいなものがなんだかこわいというか、ひるんでしまう私も
じわじわ→ついにの出会いやキュンとする出会いは歓迎しているなあと思う。


タグ:出会い系

世界との関わり

201003061130001.jpg


 シュタイナー思想をもとに運営されているイギリスのキャンプヒル・コミュニティは、豊かな自然のなかで、障害をもつ人、いろんな国からのボランティア、アートセラピストやクラフトワーカー、ミュージシャンたちが集まり互いに助け合いながら、共に暮らし、働き、学ぶ場だそうです。


ひとりひとりが独特であることは疑いようがない。201003061311000.jpg
だけど人と人とを分けたり、隔てるようなものを感じない。

その場所にいる誰もが共通して持っている雰囲気があって、
なんていうんだろう、生活に根ざしている、という感じ、生活者である感じ。

キャンプヒルのなかで田嵜さん自身が写っている写真がある。
誰かに撮られた写真だと思う。
その田嵜さんの表情がすごくいい
からだ全体が喜びを表現してしまっている。素直すぎるくらいに。
無防備でいられる自然さや素朴さがそこにはあるんだと思う。

私たちはどんな世界で暮らすのが心地いいのかな。


 田嵜裕季子展 「Camphill Project」がはじまり、今しばらく千年一日の店は彼らに囲まれ営んでいます。2001年に田嵜さんがキャンプヒルに滞在していたときの写真です。

タグ:Camphill

春先のイベント

先週みたいな春の不意打ちはいけなかった。

あの空気のあたたかさには
植物を芽吹かせるようなホルモンのようなものが充満していて
私はたじろいでしまった。

舞台がすっかり変わっているのに、
自分の身だけがおいてけぼりにされたような不適応感。
思いがけない変化のきざしや前触れは
あたりまえだったはずの居場所を揺るがし、私の所在を不確かにする。

週末からの冷たい雨のおかげで、私は取り戻すことができた。
春の免疫もできた、はず。

3月の千年一日イベント

2010年3月2日(火)まで 山本 透 写真展「時のカケラ」

3月4日(木)ー3月30日(火)田嵜 裕季子展「Camphill Project」

3月13日(土)田嵜さんのトークイベント「Camphillと私」
       start 19:00 /¥1000 予約は千年一日珈琲焙煎所まで

3月16日(火) CINEMA dub MONKS ライブ
    PEOPLE×千年一日珈琲焙煎所 presents "ONE DAY SESSION"
    19:00 open/19:30 start  30名限定
    ¥1.800(前売り)/¥2.000(当日)+ 1drink order
   問い合わせ:PEOPLE mojomojo.people@gmail.com
         千年一日珈琲焙煎所  直接店頭 or 029-875-5092