So-net無料ブログ作成

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

ごあいさつ

今年もお世話になりました。

 個人的には、新しい何かを身につけるというよりも、これまで着ていた服を脱いで過ごしてみた、という年でした。(上下一組くらいだけど)薄着になって、一段寒い環境に身をおいて、何が自分を温めるのか確かめていた気がします。

 お店としては、お客さんが増えたという手応えこそ感じないものの、人とのつながりにおいては実りの秋といった印象です。おおつぼさんは常に店のことが頭にあって年中無休です。2011年も少しずつ変えて良い方向に前進させようとしているので、商売まわってるとなるといいです。

 政治について思うのは、政治家もマスコミも、そして国民も、批判するだけの立場ではもう認められなくなっているということ。理想とするビジョンと、何を優先すべきかの指標、負うものとして引き受けるもの/手放してもいいものを選んで表に出していくことが求められているのだなと感じます。


来年もよろしくおねがいします。

2010年のイベント一覧

「過去」の出来事がいつ起きたことだったのかってよくわからなくなる。
記憶のある場所に、時系列にしたがって整然とはおさめられてはいないのだろう。
主観的な色合いの近いもの同士が折り重なってひだになっているのではないか。
自分の生が揺るがされるようなできごとほど濃い色合いを帯びて。
イベントだけでも、客観的にふりかえってみようと思う。


2010年1月 
16・17 上映会「サーミ・ニエイダ・ヨイク」
30  くさの根カフェ&yuki LIVE! くさの根治療院主催

2010年2月
6 『珈琲の時間』 第1回「僕がこのお店を始めた理由~インクルーシブな社会を探して~」
  千年一日珈琲焙煎所 大坪茂人 氏 
4~3/2 写真展 「時のカケラ」 山本透
19 トークイベント「写真という非日常」 山本透
27 上映会とお茶会「新しい潮流の始まり」ぶんぶん通信 no,3 

2010年3月        
4~30 写真展 「Camphill Project」 田嵜裕季子
16 音楽 CINEMA dub MONKS "ONE DAY SESSION"  
   PEOPLE×千年一日珈琲焙煎所 presents
30 トークイベント「Camphillと私」田嵜裕季子
       
2010年4月
10 『珈琲の時間』第2回 「コミュニティは必要ですか?」 
24 音楽 中村まり・森ライブ “あたたかくて、懐かしい風景を探しに。”
8〜5/2 個展 「呼吸する場所」 佐藤陽香

2010年5月
6〜31 個展 北村範史 "SCRAPS" at 千年一日珈琲焙煎所
16 デッサン会+トークショー
29 音楽 TICA "ONE DAY SESSION

2010年6月
3~29 個展 " coffee time: daydream "古山菜摘
19 音楽 “ウードとヴァイオリンによるtic toc -時空(とき)の調べ-”
   ヴァイオリン 丸山妙子 ウード(アラブ古典楽器)萩野仁子
20 トークイベント 伊沢正名 『ノグソフィア』 でんきを消して、のぐそを語る夜 
                        主催:千年先の未来 ツクろーかる

2010年7月
8〜8/10 写真展 “ my sweet silent journey ”長 志保

2010年8月
6 音楽 笹倉慎介 live 巨峰ツアー2010
22 生け花ライブ 小春丸
26〜31 夏休み特別企画「カメ展 〜うちのカメたち25匹」photo 岡篤志 企画 岡敦子

2010年9月 
2~25 個展 西脇一弘 kazuhiro nishiwaki drawing exhibition 2010 @千年一日珈琲焙煎所
25 音楽 SAKANA

2010年10月
23 『珈琲の時間』第3回 「豆腐をつくる宇宙人」 話し手:稲本充(稲本豆腐店)

2010年11月
12 音楽  「まちのひかり、ふゆ」王舟、加藤りま、園部信教(mojoco)
19 読書会 vol.0. 『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル
22 音楽 〜満月の夜、キャンドルの灯りに包まれて〜Yoshie Ebihara live &つぶつぶのお料理 主催:つくばつぶつぶ実行委員会
26 音楽 「まちのひかり、よあけまえ」長谷川健一

2010年12月
2〜9  『handpoint magazine winter 2010』展 handpoint.  supported by PEOPLE
11 音楽 miyauchi yuri
17 読書会 vol.1. 『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル 1〜4章
26  トークセッション 甲斐田祐輔(映画監督)×PEOPLE


千年一日で交換された空間の色色。
来年の色はどんなになるのでしょうか。

年末年始の休み


201011261022001.jpg




千年一日珈琲焙煎所の年末年始のお休みは、12月28日〜1月5日です。


区切りのない日常から

朝、目覚めて意識が戻りはじめると、
どこだっけ、ああ、昨夜の続きなんだと
からだが後ろ側にずれ戻される。

数年前は、夜、と、朝、のあいだに大きな溝があったっけ。
毎朝生まれ変わってるような、昨夜着地していた場所がどこだったか忘れてしまって、
まるで「朝」という別の舞台に降ろされたかのような気がしていた。
そうやって毎日を生きていた。

眠りのあとに訪れる朝は、昨日の地続きの場所だという
引き戻され感がなんとなく残念な気がして、
私は今、変化を望みはじめているのだろうか。

区切りのない「続き」の意識のまま生きていたら、
12月も半分も過ぎていたことに、ふと思いが上がった。

遅まきながら、12月の報告

12月の初めに「いばらきデザインセレクション2010」の授賞式におおつぼさんとせらくんと三人で参加してきました。審査員奨励賞に選んでもらいました。水戸に三人で行けてうれしかった。
それでも、千年一日珈琲焙煎所の「あたりまえの風景をつくる インクルーシブコーヒー」って、受賞された他のものと比べても(比べてみるまでもなく?)すんなりと伝わるようなことではないんだなと、実際に肌で感じる機会にもなりました。

千年一日の活動の根っこ、矢印でもある「インクルーシブ」の表現と実現について、またの機会に書いてみようと思います。
201012021632000.jpg


点と点


野蛮な香り放つ千年一日です。201012020859001.jpg

無数の点で構成された作品は、それが人の手でのせられたなんて信じられないほど精妙で、はじめて実物の作品を見たとき目を疑いました。同時に、自分の存在も小さな粒子の集合体でできている、と思って不思議な気がしました。

ひとつのもの、として存在できるのは、それらに “秩序” がしかれているからだ、と。



12/2〜9
『handpoint magazine winter 2010』展
 handpoint. supported by PEOPLE