So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

障害者カフェ


201101221325000.jpgもしもしー千年一日珈琲焙煎所さんですかー?こんにちはー。今日コーヒー豆の仕事とか、食器洗いの仕事とか、ラベル張りの仕事とか、あと水やりのお仕事とかありますか?

 ー 水やりのお仕事ならありますけど・・・

水やりですか・・水やりの仕事は他の人で出来る人いませんか?水やりはどうでもいいんで、他の仕事ありませんか?

 ー 水やり以外は今のところないです・・・

(消え入りそうに)そうですか・・ガチャ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(30分後)
もしもしー千年一日珈琲焙煎所さんですか、こんにちはー。今日コーヒー豆の仕事とか、ラベル張りのお仕事とか、あと食器洗いの仕事ありますか?

・・・以下同じなので略

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

店で、電話に向かって妙な会話をしている私やおおつぼさんを見かけたときは、ヒロトさんの応対をしているときです。
できるだけお客さんの方に聞こえないように話してますが。
お客さんがいないときは、せらくんに代わってもらうこともあります。
名探偵コナンばりにせらくんは「変声機」を使うこともありますが(エア変声機)、私やおおつぼさんの声にちっとも似てないので、せらくんの声にしか聞こえないよ、と昨日は注意しました。不思議なことに、ひろとさんには通じているみたいですが。

たいがい仕事がないと言って断るか、来て下さいと言っても来ないんですが、昨日は思いがけずやってきました。
私はパンを焦がしました。

タグ:障害者

迷い子たち

迷ってるよ、迷子だよ、と今朝からおおつぼさんはおつかれマーク。

千年一日の営業は明日まで。
しばらくおやすみになります。
グアテマラの農園に行ってきます。

2周年にあたる2月21日からの再開です。201101221252000.jpg201101221251000.jpg


生ける

千年一日の店内が木や草花でムンとあふれた、あのイベントの小春丸さんから
先週の土曜に生け花を教わりました。
ワークショップがあった須田帆布さんから千年一日に戻り、
生け直して飾ったのが下の写真。(桜&つばき&チューリップ)↓

あいにく再現はできず、うーん、でしたが、
室内の暖かさで花がほころんで、あ、と思いました。
空間と花とを両方活かす技術的なことは
経験を積むことでしか得られないと思いますが、
植物の美しさを観察から見出そうとする姿勢や生けるという時間の楽しみ方は
初体験の私でも身につけられました。小春丸さんはいい先生です。

今回、自分でも意外なほど真剣に花と向き合ったのですが、
生け花を通して得られることは、生け花以外のことにも通じていると
あとから気づき、二度目の発見でした。
例えば、十分に観察しなければそのものの持つ素朴な美しさを見逃すこと。
思い描いていたイメージとずれたときに、頭を切り替えて「今」の状態を愛でる立脚点に立つこと。
迷ったときに、引き算か足し算か、どちらがふさわしいか選ぶ決断。

ワークショップは引き続きやっていくそうなので、興味ある方はチェックしていってください。

201101151616001.jpg
タグ:小春丸

内臓の記憶

店で働くことは、その店の内臓になるようなことなのかもしれない。

お客さんが誰もやって来なくて
椅子にぼんやりと腰掛けているだけでも、
私は私の欲求だけで存在しているような感じがしない。
まるで自分が店になったみたいな気がする。

人と同じように、ここにあるってだけで活動があるのだ。
呼吸や消化みたいなものが。
ただの場所に呼吸が必要なのか、ってことだけど
呼吸しているから「店」なのだと私は思う。

休みの日に千年一日に遊びに行ったとしても、私は完全に寛ぐことができない。
内臓の記憶が消えない限り、こっち側じゃないのかって足場が揺れるから。

201101081401000.jpg


2011年の空模様

2011年がはじまりました。
正月過ごした北陸は、あつい灰色の雲がかぶさったままの冬が続きます。雷もすごかった。
ここ関東はうそみたいに晴れてます。洗濯物もからから。
小さな日本のなかでも、山越えるだけで空の景色が激変しますね。


 1月のお知らせです。

1/21(金) 読書会 vol.2『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル
        今回は、カントを読んでいきます。
         時間:19〜21時 
         申し込み:千年一日珈琲焙煎所 

 読んでもないのに前回の読書会に途中から参加し、自分の好きなことを言ってたら、興味が湧いてきて、マイケル・サンデルやカントの著書を読みはじめることになりました。読書会ってどちらかと言えば受身的なイメージを持っていたけれど、実際はひとりでの読書とは違う脳の刺激が起きるもんです。その後、再びひとりの読書に帰ってきたとき、新鮮な意欲に立つことができるのだと気づきます。


長期休暇のお知らせ;1/24〜2/20のあいだ、お休みをいただきます。
          2周年にあたる2月21日の再会からまたはじめます。