So-net無料ブログ作成

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

フィーリングカップル

千年一日珈琲焙煎所ではじめてフィーリングカップルをやってみました。
コーヒーワークショップとフィーリングカップルを組み合わせた企画で、まわりの反応をみても注目度の高いイベントだったと感じます。女性は集まったものの、直前まで男性の空席がどうなるかと思ってました。既婚者でよければ、と積極的な男性もなかにはいましたが、丁重にお断りしました。

結果としては、定員オーバーの男女6名ずつ集まりました。
友達や家族の推薦で来られた方もいました。

9:30〜自己紹介
9:45〜10:30 coffee workshop (1)
10:30〜11:00 質問タイム
11:00〜11:30 coffee workshop (2)
11:30〜12:15  フリータイム
12:15 告白シート記入
12:30 発表

今回のコーヒーワークショップは、豆の挽き方と温度の違いによるコーヒーの飲みくらべをしました。同じ豆でも味が変わるし、好みもわかれるものですね。

フィーリングカップルの司会はわたしがやりました。
おおつぼさんが気をつかってなのか天然なのか、たまに水をさすようなコメントをしてしまうのが気がかりでしたが、寛容な雰囲気のなか、みなさんでたのしくお話できました。
3組のカップルが成立して、わたしにとっても新しい体験となりました。

本日は黄昏バー

IMG_4238.JPG

黄昏バーにいらっしゃい
季節と共にやって来る大人の文化祭、黄昏バー。こだわりの料理やお酒、ワークショップなどの楽しい企画もあります。心地よい春のひとときを賑やかに朗らかに楽しみましょう。

日時:4月26日(日曜日)  場所:星谷ビル(つくば市天久保3-21-3)

千年一日珈琲焙煎所
 「フィーリングカップル de コーヒーワークショップ」
  時間 9:30~12:30
  定員 男性5名/女性5名
  参加資格 20代~30代の男女
  参加費 2000円(コーヒー豆100gおみやげ付)
  お問い合わせ 1001coffee@gmail.com

13:00〜通常営業オープン

PEOPLE BOOKSTORE
  「角打ちPEOPLE始めます!!」11:00~

manufact jam
  「春のワークショップ三昧」
   サノアイ「木の猫ブローチを作ろう」10:00 ~ 12:00 ¥3000
   長南芳子「WAX粘土で真鍮のペンダントトップを作ろう」10:00 ~ 12:00 ¥2500
   鈴木康人「毎日使う包丁を美しく研ごう」13:00 ~ 16:00 ¥3000
   鈴木智子「布あそび風呂敷を作ろう」13:00 ~ 16:00 ¥3000
   サノアイ「木の猫ブローチを作ろう」15:00 ~ 19:00 ¥3000
   長南芳子「真鍮の小さな家を作ろう」15:00 ~ 19:00 ¥3500

   つくば草の根はりきゅう院「ワンコイン指圧で日頃の疲れをリフレッシュ!」17:00~

お酒とごはん わかたろう
  「日本酒利き酒十種ワンショット百円」12:00~24:00

FLOW
  「大人の駄菓子屋FLOW~立ち飲みをとことん楽しむ!!」12:00~24:00

出会い系コーヒーやってみます。

unnamed.jpg

コーヒーについての知識を深めたいけど、ときめく出逢いのチャンスも逃したくない、
そんな欲張りなあなたにお届けするこの春の限定企画。

【コーヒーワークショップ&フィーリングカップル 2015春】

日時 2015年4月26日(日) 9:30~12:30

場所 千年一日珈琲焙煎所

定員 男性5名/女性5名

参加資格 20代~40代の男女

参加費 2000円(珈琲豆100gのおみやげ付)

お問い合わせ 1001coffee@gmail.com 029-875-5092

※ご予約は店頭にて直接受け付けます。
女性は定員に達しましたので、キャンセル待ちの予約となります。

R0013716.jpeg

2015年4月15日

千葉の瞑想センターで3月末、子どもの瞑想コースを手伝い
そのままわたしは4月1日からの10日間のコースを受ける予定でいました。

コースがはじまる直前に父からばあちゃんの状態が不安定だと電話があって、
わたしは10日間コースの間にお呼び出しがかかるかもと思っていました。
最終日まで連絡なかったので生きとったんやと思いました。
センターからの足で、12日に夜行バスで実家に帰省しました。

金沢に着いたら「ここ2日調子が戻って」とだいぶおつかれの様子で父は言い
「ちょっと寝る」とわたしとバトンタッチ。
訪問看護が来るまでばあちゃんのお風呂の準備をしていると
「あら、いっこちゃん」とばあちゃんが2階にあがってきました。

その日、京都からアメリカに移住する妹が引っ越しを終えて、姪っ子とやってきました。

13日の晩は、引っ越し疲れでヨレヨレの妹と、おなかの調子が悪い姪っ子と、
引っ越しの手伝い行っておなかの調子が悪い病にかかった母と、介護疲れの父と
祖母とが集まったなんともおつかれ家族でした。

わたしは徹夜だったけど瞑想でリフレッシュの直後だったのでいちばん動けるひとでした。ごはん作ったり、姪っ子お風呂入れたりいろいろやりました。

介護も育児も、ひとときも気が抜けないところにいるっていうのは、大変なことだなと今回感じました。自分と家族のふたりぶんの世話を、相手のペースでし続けるって大変な修行。

いのちを育むっていうのは大仕事ですね。
わたしもまた、両親とばあちゃんらの体力ぎりぎりの大仕事のもとで育まれたと思うとなんてことだと。
IMG_0273.JPG
4月15日わたしのバースデー





2015年4月13日・14日

IMG_2272.JPG


IMG_2263.JPG


IMG_2260.JPG


IMG_2280.JPG


IMG_2287.JPG


IMG_2294.JPG


IMG_2288.JPG


IMG_2299.JPG