So-net無料ブログ作成

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

西脇一弘 イラスト展&ライブペイント

20151013_667739.jpg

西脇一弘 イラスト展
 会期 2015/10/22(木)- 11/23(月) (火曜・水曜は定休日です)
 時間 11:00 - 19:00 (日曜日は 18:00まで) 

西脇一弘 ライブペインティング& DJ
 「11/7(土)に「DJ&ライブペインティング」をします。DJは3人の方にお願いしています。僕は生まれて初めてライブペインティングをしてみます。多分今回限りだと思います。よかったらいらしてください。」

 日時 11/7(土)  17:00- 
 料金 ¥1,500
 出演 西脇一弘(ライブペインティング)
DJ/石井マサユキ(tica), 植田浩平(PEOPLE BOOKSTORE), asahiko omiya(ex gustave coquiot)

大きな絵が千年一日珈琲焙煎所の空間をつくっています。
ひとと風景が壁一面にひろがっています。
あたらしい作品は、静けさのなかに艶っぽさがあって新鮮です。
可愛らしいイラストも待っています。
千年一日珈琲焙煎所がリニューアルされた感じでうれしいです。
西脇さん自身もどうなるかわからない、というライブペイントもたのしみにしています。

ばば・めいっことの思い出

IMG_2472.JPG

IMG_2461.JPG
食卓風景
おばばが食事中のゆずきにつんつんと指でちょっかい出すので、そのたび「ばば、おくちでたべて」と手をふりはらって対抗。おばばその反応によろこんでました。
IMG_2511.JPG
IMG_2500.JPG
わたしとうどんタイム

妹とアメリカに帰っていきました。金沢のじじばばたちは寂しがってるかな。

はっぴばーすでい、ばば

IMG_2487.JPG
はっぴばーすでい☆ディアおばば〜♫

10月10日は、めでたく照子ばあちゃんの誕生日をお迎えすることができました。全国、アメリカから孫とひ孫たちがあつまりました。

IMG_2493.JPG
ろうそくの火を自ら吹き消していました。肺活量がまだあることに「すごいね」

IMG_2489.JPG

 ゆずきは、アップルパイのことをハッピバースデイと呼びます。まるでじぶんの誕生日のようにおおきなかおをしていました。「ばばハッピーバースデー」とは言っていたけどね。上等のお寿司をみんなでおしあいへしあい分け合って食べました。おばばもいくらとカニのお寿司をおさめておりました。

 ゆずきは言葉が発達して「ちゃん」から「いっこちゃん」と呼ぶようになりました。うれしいです。かあちゃん(妹)、とうちゃん(妹のだんなさん)、ちゃーちゃん(母)、じじ(父)ばば(祖母)、おっちゃん(弟)えりちゃん(弟のお嫁さん)と呼びわけています。

10月&11月の千年一日イベント

2015/10/03(土) トークライブ 飯沢耕太郎 「30 years ago/30 years later 『つくば写真美術館 ’85』をめぐって」
14:30 開場 / 15:00 開演 17:30より飯沢耕太郎によるポートフォリオ・レビュー、一般1,500円、学生1,000円

2015/10/17(土) ライブ YOSSY LITTLE NOISE WEAVER
18時半開場/19時開演、前売2300円 / 当日2800円、企画:PEOPLE BOOKSTORE

2015/10/23(土) パンの日 リュスティック
11時~15時(商品がなくなり次第終了です)

2015/10/22(木)〜11/23(月)西脇一弘 イラスト展
11/7(土)  西脇一弘 ライブペインティング&DJ
17:00〜、¥1,500、出演 西脇一弘(ライブペインティング)DJ/石井マサユキ(tica), 植田浩平(PEOPLE BOOKSTORE), asahiko omiya(ex gustave coquiot)

2015/11/02(月)読書会「世界史の構造」(柄谷行人著)を読む 
20:00~22:00、参加費無料(よろしければ、お飲み物をご注文ください。)

2015/11/03(祝)長沢哲夫 ポエトリー リーディング ライブ 
-長沢哲夫の宇宙を 千年一日珈琲で。
open 18:00 / start 18:30、予約1,500円 /当日1,800円
出演 長沢哲夫(ナーガ)、タカツキ(SUIKA、smrytrps)、toto(SUIKA、ponderosa)司会 山路和広(FlyingBooks/FLY N` SPIN RECORDS)


5センチのふるさと

IMG_0602.JPG

 じぶんの体から5センチを大切にしたほうがいいと友達に教わったとき、5センチってどれくらいか指ではかったらだいぶ狭いと思いました。そうかもしれないと思って、昨日と今日5センチを意識しました。5センチの内側にはからだの感覚と空気しかなくて、なにか心配ごとがあっても思い悩んでも、5センチにもどってこられたら落ちつくような気がしました。5センチのふるさと、です。
IMG_0603.JPG

 島に行きました。気がすすまなかったけれどおおつぼさんのすすめで水族館みたいなところに入りました。そしたらおおきな水槽にはウミガメが泳いでいて、飼育員の人がえさあげられますよとレタスをくれました。レタス食べるのかなとおもったら、3匹寄ってきて競いあうように食べました。おおきなカメのあたまをなでたり手足の付け根のやわらかいところを触ったりしました。思いがけずたのしかった。いつか背中にのせてほしいと言っておきました。

 マテリアの滝という(マテリアっていい響き)滝に打たれたり、夕日を見つめたり、野宿をしたりしました。きれいな海で遊んでいたらサンゴが足の裏に刺さって痛かった。「イタター、イタイ」と声をあげました。家に帰って妹に足の裏を押してもらって残っていたサンゴのとげを抜きました。抜ける瞬間が「イター」で、刺さった瞬間と同じくらい、と思いました。でも抜けたら嘘のようにらくになったのでよかったです。

 そうそういま妹とめいっ子がアメリカからもどっていて、あすまたつくばから金沢に会いにいきます。