So-net無料ブログ作成

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

12月29日の寿司会

IMG_2565.JPG

定例のあさの家+仲間たちの寿司会が今年も開かれ、
今年は寿司屋さんではなく初の自宅編。
父が蟹をゆでているまわりに集まって、台所での立食からはじまりました。
「ばあちゃんの長寿に乾杯」とはじめての顔を含め、みんなでいただきました。

IMG_2563.JPG


おあつまりくださったみなさん、ありがとうございました。
お父さん、お母さん、ごちそうさまでした。

ばば旅支度にみな集まる

IMG_2543.JPG

 ばあちゃんがいよいよ旅支度をはじめたことを知り、妹たちが急遽6日間アメリカから帰国を決め、いつの間にか弟も実家に帰ってきました。26日〜31日、金沢にみんなが集まりました。
IMG_2542.JPG
27日朝食

 めいっこ、ゆずき2才はよくしゃべるようになって「ばば、ちゃんと食べて」と指差しながらばあちゃんに口添えします。ばあちゃんはほとんど食べる必要がなくなったみたいですが、まわりの家族は食べてほしいとうながします。ゆずきはじぶんも世話役のひとりという立場でばあちゃんと接していました。ばあちゃんはばあちゃんでゆずきにちょっかいかけては反応をたのしんでいました。

 
IMG_2558.JPG

ばあちゃんが部屋に戻るときにはついてきます、あいかわらず。

IMG_2560.JPG

 ゆずきにばあちゃんの鼻水をふくティッシュ持ってきてと頼むともってきてくれます。ばあちゃんを起こすとき、ベッドのあたまを電動のリモコンで上げ下げしてくれました。リモコン操作がたのしいみたいで、ばあちゃんは必要より多めに上がったり下がったりしていました。

 わたしはかつてライバル視されていましたが、ちょっと尊敬されるようになりました。2才にしてわかるようになったか。たまに大人のできるところを見せて自慢しているので。

今週のできごと

IMG_0715.jpg
つくばの洞峰公園

 「吐血してそろそろかも?しれん」と父から連絡があったので金沢に帰って、2,3日滞在して、今日は用事があったのでいったんつくばに。わたしがおるあいだは、ばあちゃん出血することなかったけど、微熱があったり食欲なかったり、低飛行のなか生きとりました。

 訪問にきた医者に選択肢として入院の話も出たけど、ここまでみてきたんやしできるだけ最後まで家で、と父とわたしは話し合っています。ばあちゃんに家か病院かどっちがいいか父が聞いたら、家におりたいと意志を言うとって、父のからだもいろいろと不具合ありながらまあなんとか大丈夫そうなので。食べれなくなったら点滴にきてくれるとかかりつけのお医者さんが言ってくれて、入院の危機を感じとるのかばあちゃんもがんばって食べています。

IMG_0714.jpg
店のアロエが花ついた

 金沢駅のバス停が長蛇の列だったので、途中まで歩こうと兼六園まで行きました。せっかくなので観光していこうと思って、310円払って兼六園を通りました。年季が入ってかっこいい樹木と、手入れが行き届いた職人のしごとと、苔が観れて、いい公園だなと思いました。金沢の人は、お金を払ってまで入園することはあまりないんだけど、行く価値ありです。

 きょうはつくばの洞峰公園に立ち寄りました。20分駐車場無料なんだけど、毎回1分オーバーして100円払うなあとおもいます。光と影が自然に映えて気持ちいいところです。

IMG_0713.jpg
おまけ

 金沢では近所の友達の家に夕飯時に行きました。うちでは食べたことのないメニューが食卓にでてくると、異国にきたようで興味深いです。豚足の塩焼きでした。定番メニューだと聞いてへえと思いました。

つくばの冬空カップル

IMG_0701.jpg

 日本海側から太平洋側に移動すると、とたんに空が高くなってぴかぴかの陽気なので、金沢からつくばに帰るとちゅう、まるで外国に来たみたいと思いました。

 金沢ではぶあつい雲におおわれた低い空が冬の定番なので、太陽が少しでも顔を出した朝は、きょうは洗濯が干せるぞと思うのです。関東のつくばにいると、いつでもふとんが干せるのでラッキーとおもいます。まぶしすぎるので、布で顔をおおって目を細めています。

IMG_0688.jpg

 千年一日のお店でフィーリングカップルを開催しました。春につづいて2回目のワークショップです。女性6名と男性5名が参加して、一組成立しておわりました。緊張感が伝わってきて緊張しましたが、やってよかったです。出会いの場ですよって目的がはっきりしてるストレートな感じがわたしは好きです。参加者がそれぞれの日常からぽーんとやってきて、未知にむかってひととお話するところに新鮮な風が吹いていました。わたしもその風にあたれてよかったです。

我が家のグッズ

IMG_2534.JPG


IMG_2540.JPG

ばあちゃんの手は冷えているので湯たんぽは必需品です。手を入れこんでいます。抱えて寝ています。ミニタイプは重すぎずいいみたいです。

IMG_2538.JPG

はさみ、印鑑、ペン。
我が家のよく使うものには鈴がついています。探さないための母の工夫のようです。最初ははさみだけでした。訪問看護師さんにハンコ押すと鈴が鳴ることについてこのまえ質問を受けました。

今夜、いったんつくばに帰ります。

お金にまつわる緊張関係

IMG_0683.jpg
巣ごもり

となりの部屋でばあちゃんはよく眠ります。
寝言をきくと、夢のなかで生活しているみたいです。

IMG_0678.jpg

3食食べます。父がごはんできたよ、というので呼びにいくと目を覚まします。
きょうは夢のつづきのようにお金のことが気になったようです。

IMG_0684.jpg

財布をひっくりかえして中身を確認しはじめました。
「おかしいなあ、せめてもう500円あったと思うんやけど。。」と首をかしげました。
思い出したようにお金に無頓着でなくなることがまだあるんや、とおかしくて感心しました。
そしてわたしはおこづかいをもらいました。

なかなか食卓に来ないので父がわたしたちを呼びにきました。
財布をひろげるばあちゃんを見て「わかった、またおろして入れておくから」とごはんに誘導しました。

ばあちゃんはごはんを食べながら自分の通帳を見たいといい、父は通帳を見せながら信用されてないとぼやき、わたしはふたりのあいだの微妙な緊張関係を笑って見てました。すべておまかせではなく管理者意識があるところがばあちゃんのいいところやと思い、父も複雑な気持ちを素直にあらわすもんだから、親子関係っていろいろあるんやなと思います。