So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

石売りはじめます、「いしや」

カトウシンペイさんとはじめてお会いしました。
海や川へ出かけて拾ってきた石を、名古屋からつくばに運んできて、展示して、これから売ろうとしているところでした。

千年一日珈琲焙煎所まで流れついた石たち。水の流れに運ばれ、カトウシンペイに拾われ、陸路を運ばれ、その手をとおして千年一日珈琲焙煎所に立ち現われました。

交換をこころみ、交歓をもくろむ、石売る行商人。
表現者も物売りも、未知なる他者に対する石投げのようなところは共通しているかもしれない。ただ、物売りとお客という関係には「かけひき」という人間臭さがつきまとう。

わたしもひとつ買おうと思っているのがあるんだけれど、いくらつけてくるかな。。

大坪さんとnatunatunaさんの紹介もおもしろいので読んでみてください。

2016年12月1日(木)~12月12日(月) 
Shimpei Kato SOLO EXHIBITION 「いしや」
場所:千年一日珈琲焙煎所

『名古屋を中心に音楽からグラフィックにわたる横断的な領域で表現活動をつづけてきたカトウシンペイの初の個展をここつくばで開催させていただくことになりました。タイトルは『いしや』。海岸や河原で拾い集めた石と石関連のものの販売をおこないます。つまり「石やなにかを販売する石屋」です。有用性や希少性をもたないただの石を売るということは、商品世界とはまた別の次元での新たな「交換/交歓」の世界を開く試みといえます。もし気に入った石に出会ったら、それとお金を交換してみてください。そのとき「いしや」という展示は完成します。カトウシンペイが芸術家なのか単なる詐欺師なのか僕にはわかりません。ただ彼が特異な表現者であることは確かなのです。』
千年一日珈琲焙煎所 大坪茂人)


『石の展示
どんな角度からみにきても、楽しめると思います。

あいつ、石売ってるよ、あはは~でも
純粋に石っていいよね、でも
石?どんなだろ、でも。

一つ、興味深いところは彼がデザイナーだというところ。
素材ってものにいつも対峙している人だっていうところ。
あとは、目的が作品それ自体よりも
それで自分や誰かの心を動かすところにあるんじゃないかというところ。あくまであたしの考えですが。』(絵描きnatunatuna

カトウシンペイ Website

会期中イベント「いしやおんがくや」
日時:2016年12月11日(日) 開場18時 / 開演18時半
出演:タカツキ弾き語り(SMRYTRPS / SUIKA)、橋本悠ソロ(ケバブジョンソン)、トーマス(from 伊勢)
料金:2000円
企画:カトウシンペイ

きのうときょうのできごと

つくばでは雪がふっています。
十一月の白い景色に高揚します。

このブログをはじめて6、7年になりますが
とうとう残りが3になってしまいました。
「使用領域 : 97MB / 100MB 」

こんなふうに
毎月108円にあたえられた大きさは100です。
おわりがちかい数なので、きょうは文章だけにしようと思いました。

昨夜つけたラジオから聞こえてきた
NHKの『こどものじかん』という番組にすっかり魅了されました。
坂本美雨さんと大友良英さんがこどもにふりまわされながら舵をとっていました。
耳だけの世界はひろいなあと思いました。調子はずれな音もリズムにのせると音楽になるふしぎ。
ぬけみち があることを知らせるのは、波と振動かもしれない。

叶姉妹はどうしているかなあ

と1年にいちどは思いだします。それがきのうでした。
赤裸々な好奇心もあるけど、老いの自然曲線が万人にやってくるなかで、妥協をゆるさない精神性がどう昇華していくのか知りたい。重力のせかいで、重力に抗するように(その負荷は年々大きくなるにもかかわらず)第一線で“奇跡”を更新し続ける代表としてわたしはふたりを見ているのかもしれない。

パン、クリスマスリース、島

11月18日(金)あしたはパンの日。千年一日珈琲焙煎所にリュスティックさんがパンと焼き菓子の出張に来てくれるので、わたしも調子ととのえて、おでかけしようと思います。

いま、お店に行くと小春丸さんのクリスマスリースがあって、植物のしたたかな強さとうつくしさを感じさせてくれます。わたしもほしい、あるいは、つくってみたいという方のために準備もしてくださっています。
IMG_1551.JPG


IMG_1530.JPG

奄美大島、加計呂麻島に行ってきました。
どうだった?と聞かれて、すぐ言葉にできない、島の無意識が尾をひいています。
3000円で飛行機で渡って、3000円でレンタカーで港まで行って、400円くらいで船で小さな島に。行けるなんてありがたいです。わりにおおきめの石をひとつ、おみやげに持ってかえりました。『いしや』を意識して。

陶芸の秋(- < ~)

IMG_1497.JPG

お皿をつくりました。
おむすび用の、です。
はじめての器づくり。
焼きあがったのを見て、やったーと思いました。
割れてることもある、と思っていたから。
よろこびいさんで、さっそくおむすびのせて朝食にしました。

IMG_1500.JPG

皿の面を工夫しました。
平らーではなく、やや波なみ〜〜に。
おむすび載せたときにごはんが少し浮くように。
陶芸に興味なかったけれど、おおつぼさんが通っている陶芸教室にひょっと体験参加することになって、かんがえて作りました。たのしかったです。もし陶芸に興味があったら、おおつぼさんに尋ねてみてください。のびのびつくらせてくれる先生です。

兼子さんのところでも11月に陶芸ワークショップあるみたいです。HP

つくばで陶芸。たとえばじぶんが浮き出ます。器にあらわれることもあるみたいです。ありのままと出会う機会ですね。