So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

火がはいります

IMG_1609.JPG

火の番人をしてます。
炭で火の加減を調節するおしごと。
いろりで黒豆を煮ています。

IMG_1606.JPG


ばあちゃんが死んだ日は、停電中でした。
この家はオール電化なので、最後にばあちゃんのからだを拭いてもらうときには、このいろりで火をおこしてお湯を沸かしました。死んだ、というより生ききった、という表現がふさわしく、最後までみてくれた訪問看護師さんも、打ち合わせにきた葬儀屋さんもあかるい感じでした。その晩は炭火で夕飯。鯛を焼きました。ばあちゃんは鯛のことを「たいとと」と言いました。

「ばあば、死んだねー」とめいっこはときどき言います。「ちーん、しよ」とろうそくに火をつけるようせがまれ、ちーんと鳴らし、写真に手をあわせて、ハッピーバースデーの歌を歌ったり、その前でいっしょにぐるぐるねり歩いています。

あ、やばいやばい。
ゆだんすると、火が消えそうになったり、強くなりすぎる。
黒豆はコトコト弱火で煮ます。

2016年10大ニュース

IMG_1599.JPG


ゆずきやみんなと会えるのを心待ちにしていた金沢に帰ってきました。アメリカからのめいっこ(3才)といっしょに、ご近所のしょうくん(犬)の散歩に行って、飼い主さんからみかんをふたつもらいました。

2016年の10大ニュースみたいな番組をみました。

わたしの身近なふりかえりをしてみると、

・おばばが生きつくした、のをみる。
・おばばが死んだ、のをみる。
・おばばが死んだあとの世界を生きはじめる。
・ハワイのカウアイ島に家族集合
・ちょこちょこ親とおでかけ遊び(佐渡とか)
・おおつぼさんとボルボの決断
・平日の昼間に遊べる自転車圏内のともだちができた(わりと年を召された)
・おおつぼさんが黒い皿を購入してから、カラフルな野菜を買うようになった。
・おむすびとサラダが得意になった。
・ともだちっていいな、としみじみ思った。

こんな感じの2016年でした。

みなさん、よいお年を。
今年もありがとう!

野性のあそび

なんとかしたいなーと気になるんだけど、ほおっておくことがある。
そうじだったり、洗濯だったり、の家事。
本はよく読んでいて『動いている庭』という本がおもしろかった。
『荒れ地』に秘めたる可能性を見いだす、庭師の実験的な視点。

単純にも、そっか、うちんちの庭も可能性に満ちている、と見直しました。
となり敷地のぼうぼうの自然が、垣根をまたいでくるもんだから、それも相まってなおさら手のつけようもなく気もちも萎えていたけれど、戦うのではなく、遊んでしまおうとおもって、庭しごとを毎日少しだけやっています。土をほりおこし、がんこな笹の根をとりはぶいて、今年一粒もならなかったブラックベリーを移植しています。いつのまにかオレガノの地面もほりかえしていたので、オレガノがひとつもない、とおおつぼさんがうらめしいかおをしました。

ことしの年末のつくばは、あたたかい日があるから思わず庭しごとができます。寒かったらやらない。

このまえのたき火はかっこよかったな。ワイルドなおおつぼさんがいました。

石は去り、パンと竹ざるやってくる

こんにちは。
カトウシンペイさんの展示はおわり、石はどこかへと流れていきます。
今週は、パンと竹がやってきます。

パンの日
12月16日(金)リュスティックさんのパンと焼き菓子
11時〜15時ころまで(売れきれしだい終了)

彩子さんのパンが食べたい、とおもうことがあります。
おなかがすっとして、食べたあともおいしいです。
カンパーニュ、フランスパン、そしてケーキやがんづきが並びます。
先月はホットサンドを焼いてもらいました。
店内で珈琲やジュースを頼んでランチにしてもいいし、テイクアウトもできます。
このあとはしばらく、リュスティックさんはお休みに入りそうです。

竹を編む日
12月18日(日)ワークショップ「米とぎざるを編む」
12:30-17:30(12:15 受付)
参加費:3,500円(おやつに千年一日珈琲焙煎書の飲み物と、ちょっとした甘み)
講師:河合沙耶香・橋本千菜美
予約:千年一日珈琲焙煎所、電話 029-875-5092、メール 1001coffee@gmail.com

竹ざるは一回編んでみることをおすすめします。苦手かも、と思っていたけど、やってみたらできるものなんだとわかりました。竹はあちこちに生えているから、いざというときはこれで道具をつくれるんだっていう見方がひらけます。米はといでないけれど、柚子やとうがらしや果物をいれておくかごみたいに使っています。台所になじみますね。とてもいいです。

千年一日珈琲焙煎所に行くための情報

場所


東大通りの「天久保4丁目」信号が目印です。

305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G 
駐車場は店舗の横と裏にあります。

   Tel: 029-875-5092
   営業:11:00〜19:00(日曜18:00) お休み:火・水
   やっていること:珈琲豆の販売・カフェ・本屋・ライブなどのイベント
   普段のお知らせ&速報:https://twitter.com/1001coffee
   Official Blog:http://1001coffee.jugem.jp/

公共交通機関

☆電車でつくばまで
つくばエクスプレス(TX)秋葉原駅から快速45分「つくば駅」下車

☆つくば駅からバスで
つくば駅A3出口をあがるとバス乗り場に出ます。
つくばセンター6番のりば(地図)より関鉄バス「筑波大学循環(左回り)」に乗車します。平日は20分間隔、休日は40分間隔で運行。(時刻表)7分揺られて「合宿所」という停留所で降ります(190円)。停留所(地図)からは徒歩3分です。

☆つくば駅からレンタサイクルで
つくば駅から徒歩3分、BiViつくば1階つくば総合インフォメーションセンターで、1日500円(9:00~18:30)で自転車が借りられます。自転車で店までは駅から約10分。緑豊かなつくばを散策するのにお勧めです。晴れの日にどうぞ。

BiViつくばレンタサイクル
BiViつくば1階つくば総合インフォメーションセンター(地図)
【利用時間:9時~18時30分(受付は16時まで)】
 大人 500円/日、子ども(小学生以下)250円/日 
 
【翌日の18時30分までの利用の場合(受付は16時まで)】
 大人 1,000円/回、子ども(小学生以下)は500円/回