So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

ふたたびうまれる、へ

unnamed.jpg
小春丸さんと会場 ju-tou


生け花ライブの打ち合わせ&撮影に、取手のju-touに行ってきました。しんぺいくん(ちらしのデザインをお願いしている、石屋を展示した)とおおつぼさんとボルボで到着すると、小春丸さんが粋な着物姿で待っていてくれました。

『植物の濡れ場』という生け花ライブを3年前に千年一日でやってもらったんですが、こんど4月にju-touで『うまれる』をやります。ここは以前は産院でした。自然分娩でいのちをとりあげていたそうです。お医者さんのご家族によって、2015年にアトリエ ju-touというスペースに生まれ変わりました。

小春丸さんは、20年間でじぶんの信じた生け花を続けてこられている方です。でもやめようと思ったこともあってね、と今日はじめて聞きました。3.11のときに、人は花や植物にたすけられている、ゆたかさを支えてくれている、と実感したそうです。小春丸さんの活ける姿には、花という自然への敬意があらわれています。

4月22日、23日 Atelier ju-tou(茨城県取手市井野1-7-10-1F)にて!

わたしはあすから瞑想合宿へ行って、3月末に帰ってきます。

レッツ ダイブ! 8周年!

2009年2月21日にオープンして、今日で8周年を迎えた千年一日珈琲焙煎所。ぱちぱちぱち。

おおつぼさんの誕生日でもあります。おめでとー☆

そんな記念日の朝、となりのPEOPLEの植田くんから電話があり、店の前が壊れています、とのこと。陶芸教室に行く予定だったおおつぼさんは急遽お店の様子を見に行くことになって、わたしもどんなかなと思って見に行きました。

unnamed-2.jpg
シャッターが壊れていた

unnamed-1.jpg


壊されたのかもしれない、と聞いてきたけれど、見た感じ、事件の形跡はなく、これは風のせいだねと。不動産屋にきてもらったけど、対応を待つあいだも風が強くて、シャッターがばんばん戸をうちつけてこわかった。ガラスも割れてた。2階に住んでいるひとは、昨夜このシャッターの音、うるさかったかな。

ここに移転してオープンした当初、車がつっこんできて壁に穴が空いたことがありました。風とおりがいいとお客さんに言われるみたいなんだけど、実際にここは風穴あくよね、とおおつぼさんと話します。

unnamed.jpg
光さしこむ店内


23日木曜から8年目の千年一日珈琲焙煎所がはじまります。
抜けのよい空間にぽんと飛びこんでみてください。
レッツ ダイブ !

なんか最近おもしろいよ、ほんといろいろ

千年一日珈琲焙煎所の喫茶

unnamed-2.jpg
2017年2月12日時点


unnamed-1.jpg
千年一日珈琲焙煎所

バナナケーキのこと

unnamed.jpg

バナナケーキというものは、よい食べものだなあ。
どこで食べても、飲み物がなんであっても合うし、うらぎらない。

きょうは千年一日珈琲焙煎所のバナナケーキをはじめて食べました。
大坪さんが焼いたケーキ、なつかしくて味わい深かった。かつてわたしが作っていたレシピを大坪さんにあげたんだけれど、わたしのレシピもまた、ばあちゃんのバナナケーキのレシピを引き継いでいます。マーガリンをバターに代えて、レモン汁を加えたくらい。

昔よく作ってもらって、飽きるくらい食べた。
こんなふうにまた作ってもらって、このバナナケーキを食べることができてよかった。

いろりで1周忌

IMG_2610.JPG


ばあちゃんの1周忌という節目にまた金沢に帰ってきました。
いろりで団らん。
夕飯の準備をしながら下をのぞいてみると、、

IMG_2615.JPG


カレーパンを焼きながら、本を読みながら、いつの間にか気持ちよく眠っている父の姿が見えて、思わずパチり。この写真のアングルは、髪密度を気にかけている父はあまり好まないかもしれませんが、いろり生活の醍醐味が写っていますね。

家をたてるまえは「いろり意味わからん」と母は言っていたそうですが、いまでは「いいね」と囲みます。いま仕事から帰ってきた母は、父が焼いたカレーパンを食べています。