So-net無料ブログ作成

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

あらあらと6月はすぎ

6月も終わりそう。

日常は、うれしかったり、かなしかったり、胸がつまったり、なんだよと思ったり、カラフルな感情の波に揺られ、あらあらといつのまにか過ぎていって、くぎりというものがないので、そんな混沌としたものを、対象化して言葉にして残そうとするのは、飛躍が必要で、不自然なことみたい。誰も困らないもの。でもときどき手紙を書くように、書いてみる。

futa.jpeg
ふうたにおしっこされまくり

・テロ等なんたらの共謀罪がとおってしまった日、じぶんのなかで反動がおきました。自粛している場合ではないと背筋がのびて、素直に電話しようと思いました。

・父の誕生日に会いにいきました。父は治療した歯が痛くて食べ物がしみるらしく、ちょっとかわいそうだったんだけど、わたしはオムライスを作りました。父はアップルパイを用意してくれたり、ほたるを見に連れてってくれて、楽しかった。どっちの誕生日かわからない、あたたかい思い出です。

・つくばは梅雨らしい天気、洗濯物がたまっています。おおつぼさんは都内に出かけて、わたしはいつもどおり本を読んだりしてのんびりしていたんだけれど、夕方思いきって草とりをしました。蚊が多くて、それがなければ草とりもいいんだけど、ひよってしまう。だけど最近、友だちが蚊やヒルに血を吸われながらも森で働いていると言っていたから、わたしも少しはやろうと思ったのでした。

マメイケダ@つくば

IMG_2001.JPG
なんかいいの、マメさんの絵と字

いま、こんな絵が展示されています。
マメイケダさんの作品です。
味があるとはよく言ったものです。
出そうと思って出せるものではない。
親しい感じがするのに、まねできないと思わせる力。

マメイケダ作品集『味がある。』原画巡回展「ここらへんの味 in つくば」
会場:PEOPLE BOOKSTORE&千年一日珈琲焙煎所
会期:6月8日(木)〜22日(木)※会期中は両店舗とも月曜休み

IMG_2002.JPG
ごはんとか、みかんとか、単純であかるいおいしいが好き。


イベント:「ここらへんの味 in つくば」開催記念トークイベント
日時:6月17日(土)15時開演
会場:千年一日珈琲焙煎所
出演:堀部篤史(誠光社店主)、仲村健太郎(『味がある。』デザイナー)、マメイケダ
料金:1500円(ドリンク付き)
お問い合わせ:mojomojo.people@gmail.com(PEOPLE BOOKSTORE 植田)

アメリカ西海岸の思い出

ファイル_002.jpeg
カルフォルニアの陽射しは痛いほど強かった。公共機関をつかって移動。移動。瞑想センターがあるのはヨセミテ国立公園の近く。日本からアメリカ行くのは夜行バスみたいで楽勝だったけど、国内移動でアメリカの広さを体感。遠かった。

ファイル_000 (4).jpeg
瞑想センターの敷地は自然豊かで、奇跡みたいな美しいところでした。10日間くらいボランティアしました。ごはんつくって、そうじして、瞑想して、話して。「アメリカ人」っていろんな人種が寄せ集まった総称なんだなあと実感。英語だけじゃなく、中国語、カンボジア語、フランス語も飛び交ってた。「アメリカ人」っていうのと「日本人」というのとは全然ニュアンスが違う。

image1.jpeg

日本人はわたし一人だったけど、みんなよくしてくれました。西洋人と目があうと、ぱちっとウインクされるので、男女問わず好きになってしまいます。東洋人といるときは言葉がなくてもなんか落ち着きました。

アメリカ東海岸の思い出

ファイル_000 (6).jpeg
めいっこたちとニューヨークのカフェで

ファイル_001 (1).jpeg

わたしが気にいった珈琲屋:Devocion

ファイル_000 (7).jpeg
この本屋に入ったときほっとしてからだが緩んだ。じぶんの居場所になるような珈琲空間と本屋に出会える街はいい街なんだなあと思った。

unnamed.jpg
妹の家の近く、プリンストン大学は建物自体が芸術でした。

妹の生活圏でいっしょに過ごしてきました。インド系のひとが多いジムでズンバしたり(エアロビみたいなもん、妹のお気に入りエクササイズ)、教会の英会話教室に行ったり、アーミッシュのスーパーでおいしいお昼ごはんを食べたり、アスパラガスを農園に摘みに行ったり、妹とめいっこの日常に混ぜてもらいました。妹のだんなさんは出張が多くて一生懸命働いていました。サンフランシスコ便をファーストクラス(初体験!)にしてくれたり、ホテルとってくれたり、ありがたかったです。
スクリーンショット(2017-06-06 15.00.57).png

今回の旅は、ニュージャージーの妹の家族のところにホームステイが主な目的。カルフォルニアの瞑想センターでも過ごしてきました。アメリカは大きくて途方もない感じがしたけど、じぶんの目的地がはっきりしていればなんとかなることがわかりました。みんなサポートしてそこまで運んでくれた。心細くても。