So-net無料ブログ作成
検索選択

千年一日珈琲焙煎所は茨城県つくば市にあります。自家焙煎の珈琲豆と喫茶、けん玉、本。ときどき展示、ライブ、フィーリングカップル。生活と街角の風景。

〒305-0005 つくば市天久保3-21-3 星谷ビルF・G(行き方)tel 029-875-5092
火・水曜定休 11:00-19:00(sun18:00)

2017年7月の思い出

ファイル_000.jpeg
キス釣り@石川県かほく市

母が「行くよ」とキス釣りに。朝、4時に起きて。えさばかり食べられ、本日、一匹(父)の結果。
ファイル_000 (1).jpeg

「うちらはこの前食べたから」と両親はその一匹を子どもにくれる。いくこ、粉をさっとまぶしてフライパンで焼く。新鮮でおいしい。小さかったので骨ごと食べる。

ファイル_000 (2).jpeg
小堀の渡し@茨城県取手市

おおつぼさん、打ち合わせがあり取手に行く。わたしもついていく。ついでにどこか寄ろう、と検索する。
お金がない、という心情が無意識にはたらく。安くてちょっと変わった西洋レストランが目にとまり、ここにする。サーモンフライ定食390円。となりの高校生カップルはオムライス、うしろのおじさん二人組はからあげとビール、追加でワインとおつまみを注文。不思議なスペースに来た、とうれしくなる。

クルーズに行きたい、と利根川に行く。小堀の渡し、という住民が生活の足に使っている舟に、走って乗りこむ。ほかに乗客はおらず、貸し切り。一周400円。とても良い。

千年一日珈琲焙煎所で、レコード寄席、大笑いとしみじみが交互に押し寄せる。これは多くのひとに体験してほしい。でもあまり多すぎても寄席っぽくないか。

会いたいひとがいる。また会えたらいいな。

七月のイベント@千年一日珈琲焙煎所

7/9(日)『息の跡』上映会

7/23(日)「Gabby&Lopez LIVE」

7/24(月)「出張円盤 レコード寄席(学校篇)」

くわしくは、千年一日珈琲焙煎所、または、PEOPLE へ。


9日の『息の跡』は、陸前高田の佐藤貞一さんを映した映画。津波で自宅兼店舗を流され、その跡地に自力でプレハブを建て、営業を再開した。それだけにとどまらず、佐藤さんは、英語で津波の体験をつづった本をつくり、海外のひとたちに発信するようになる。なぜ、日本ではなく海外なのか?そして中国語でも書くようになる。その情熱はどこからくるのか?個人のちからでどこまで飛べるのか、挑戦的な作品です。個性的であることはかくせないし、個人的なことはおもしろいとわたしは思います。

23日のライブは、石井さんと会える。いつもやさしい感じであいさつしてくれるのがうれしいです。

24日のレコード寄席は、わたしもだいすき。取手のはこかふぇで開かれたときに行ったことあって、そこは異空間で、刺激的だった。うまく言えないけど、なんか生きていてよかったなあって毎回思う。

いばらき北部は未知

iwa.jpeg

light.jpg

circle.jpg

ファイル_000.jpeg